REFORM

最後のワガママを反映させましょう

一生の買い物と言われる位、家とは大きな買い物です。一生で一軒だけに住み続ける人の割合がほとんどで、2件目・3件目と立て替えていける方は、本当に少ないでしょう。しかし、よく言われる事に「家を建てるのに、一軒だけでは満足した家は建てられないよ。」と聞きますよね。実際その通りです。出来上がった時は、何も問題がないと思っていたのに、住んでいく内に風の通り方・部屋の作り・広さ…と問題は思った以上に出て来るものです。
お友達の新しい家を訪問すれば、コレを取り入れれば良かった。と思う事はたくさん出て来るでしょう。そんな時、リフォームを考えていなくても、素敵な部分は携帯画像に残して置いたりすると、いざリフォームとなった時に業者さんに伝えやすくなります。そしてリフォームを考え出すのは、子供達が独立した時などが節目となると考えます。
そんな時はリフォームの専門業者も、一般的なメーカーにするのか?独立したデザイン事務所に依頼するのか?考えますね。私はデザイン重視の建築事務所に頼みたいと思っています。今まで撮りためた画像を見せながら、これからの生活のパターン(子供が独立した。高齢になった…)を考慮して、何軒かにプランをお願いしてみるのです。多分、最後の家が変わる時です。素敵な家でゆっくり満足した気持ちで過ごしたいですよね。満足出来る業者選びには時間をかけて下さい。

PICK UP

信頼のおけるリフォーム会社の選定が肝要

大阪にあるリフォーム会社をどこにしようか迷っている人に選択のポイントをお教えします。リフォームの成功のためには、会社選びがとても大切で…

詳細を読む

姉が義兄にしたリフォームの贈り物

私の姉の家は、一階は塗装業の作業場で、二階でかつては親子三世代が生活をしていましたが、気付くと夫婦二人暮らしになっていました。年齢を重…

詳細を読む